スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都に行ってきた (二日目 清水寺)

京都旅行日記
任天堂本社に行って来た後の話だぜ
全然ゲームブログらしくない記事だけどしょうがないね


次に自分が向かったのは清水寺
修学旅行でもお決まりのコース、有名どころだな
P1000062_20120227190306.jpg

バスをおりてから抹茶の小龍包を食べる
なかなかおいしかったから帰りにおみやげで家族の分もかったよ
冷凍のが売ってたんだ
P1000063_20120303195807.jpg

小龍包を食べたあとに茶碗坂っていう坂道を登っていく
バスから降りた場合ここを通ったほうが何倍も近いんだ
っていうか実際近い 5分しないで清水寺についたぜ
普通は二年坂とか三年坂を登って行くんだろうな

清水寺についた自分はまずは胎内めぐりっていうのをやってみる
真っ暗な建物の中を手すりだけを頼りに進んでいくんだ
普通はどんなに暗くても2~3分もいれば少しは目が慣れるけど
ここは全然慣れない、本当に純粋までな闇
自分がどこにいるのかわからない、手のひらすらも見えない
なんとなく変な感覚だったな
興奮してるというか? 不安というか?
なんか言葉にできないけど、外に出たときにほっとしたのは間違いないね


清水寺といえば有名な清水の舞台も見てみる
高いことは高いし怖いけど
そんなに言うほどは高くない。12メートルくらいらしいし…
キン肉マン二世でハンゾウとザ・ニンジャが戦ったときに
ザ・ニンジャが落ちて死んだらしいけど超人ならこの程度の高さ余裕だと思うぞ
まあ、ゆで漫画に突っ込みを入れるのは野暮だな

そのあと清水寺の中にある地主神社へと行く
P1000060_20120303144616.jpg
縁結びで有名な神社らしい
テレビの撮影もやってたぞ、アイドル?だと思われる人がなんか
来てる客に話しかけてたなあ
とは言っても自分はアイドルに全然詳しくない
ゲームに関係したアイドルなら多少はわかるんだけどね
AKBとかモーニング娘とか一人も名前が出てこないよ

神社の中には恋占いの石がある
P1000059_20120303180202.jpg
神社の通り道の端に一つ、反対側の端にもう一つあって
目をつぶった状態で石から石へ歩ければ縁が生まれるってものだ
しかし、これは無理ゲーだった
観光地だから人が無茶苦茶多い
普通に歩いてもまっすぐ進めないのに
目をつぶって進めるわけないだろ!


まあここまでなら普通の観光地だな
しかし恐ろしいものを発見する
藁人形を打つことで願いを叶えてくれるという木だ
今はどうだか知らないけど昔はこれに色々な人が釘を打ってたらしい

へーとか思いながら木を見ると木に穴が大量に空いてて
さらに一部には錆びた釘まで刺さっている
怖えー!! あまりにも怖いので写真は撮らない
呪われたら困るからな!


恐ろしい地主神社を後にしてしばらく周りをぶらぶらした後に
飲むと願いの叶う水というものを発見
P1000058_20120303194847.jpg
ちなみにここの柄杓は紫外線か赤外線か何かで消毒されてるらしい
こういう場所にも科学が使われてると妙な気分になってくるな
自分はここで水を飲んでおまじない
お腹を壊さないように願ったぜ
もちろんねがいは叶った

こうかはばつぐんだな!
清水寺からはその後に甘酒を飲んで退散
この日は結構寒くてね

帰りのバス亭への道は三年坂?だか二年坂だかを通って帰る
P1000055_20120303195501.jpg
さびれた感じの茶碗坂と違って、こっちは左右にお土産屋がぎっしり
扇子とか見たり、肉まんを買って食べたりと楽しい
ただ茶碗坂と違ってかなり歩いた
自分が降りたバス亭にいくのに20分くらいかかったと思う
楽しさはこっちのほうが上なんだけどね…

清水寺の冒険はこれくらい
なんだかんだで京都旅行で一番楽しかったのはここだな
ここが修学旅行で選ばれるのもわかるわ
ああ、修学旅行の生徒も結構いたな

バスに乗ったら次の目的地でもある祇園へ向かう
その時の話はまた明日にでも書こうかな

ちなみにこのブログはゲームブログです

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
アクセス数 2010/07/24設置
検索フォーム
プロフィール

ノーマ

Author:ノーマ
とにかくゲームが好きで
ゲームを心から愛する
ゲーム戦士のブログ
いろいろなゲームに手を出して
新しいジャンルを開拓したい
さあ、全てのゲームに
ありったけの愛情を突っ込むぜ!

ツイッター
自分のツイッターです
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
どき魔女ぷらす
異常に多い小ネタと 軽快なテキストが魅力 キャラの掛け合いが特に面白い 探索をする アドベンチャーパートが面白くて おすすめの作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。